教えて内藤先生 第17回 「歯が痛いから神経を取るのはおかしいの?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の常識や日常がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

内藤先生
一般的に患者さんが歯科医院に来る目的って何だと思う?

ゆめは君
目的?困ってるからでしょ?歯が痛いとかで。

内藤先生
そう。多くの患者さんは、痛みをとってほしくて来ることが多いんだよね。

ゆめは君
何か言いたいことがありそうだね。

内藤先生
痛みを制するものは、歯科医療を制す。

ゆめは君
ん?

内藤先生
いやだからね、歯科医療は、痛みとの戦いでもあるってこと。

ゆめは君
痛みとの戦い?

内藤先生
うん。患者さんからしたら、できるだけ痛くないようにしてほしいよね?痛かったら痛みを速やかに取ってほしい。しかも痛くない方法で。

ゆめは君
そりゃみんな痛いのは嫌だからね。

内藤先生
それはそうだよね。先生だって痛いの嫌だし、痛がられるのも嫌だよ。

ゆめは君
あ、患者さんに痛がられるのは嫌なの?歯医者さんて、患者さんに痛がられるのはへっちゃらなのかと思ってた。

内藤先生
それはひどい誤解だね。痛がられる、そして嫌われる。それ嬉しいと思う?特に子供は顕著に嫌がるよね。こっちが傷つくくらい。

ゆめは君
まあね。痛いことは嫌なこと。嫌なことしてくる人は嫌いだもん。

内藤先生
良くしようと思ってやってるんだけどね。

ゆめは君
そっか。それで嫌われるのはきついね。

内藤先生
だからね、痛みをとることや、痛みを感じさせないこととか、痛みの問題と向き合うことは、歯科医としては避けて通れない重要な課題なんだ。

ゆめは君
痛くなくて、早く治療が終わるのが良い歯医者さんなイメージだけど?

内藤先生
患者さん目線ではそうだよね?

ゆめは君
歯医者さん目線では違うの?

内藤先生
少し違うね。

ゆめは君
どう違うの?

内藤先生
今どうかより、もうすこし長い目でみてどうかを考えてる。

ゆめは君
痛くなくて早く終わる治療が、長い目でみて良くないこともあるってこと?

内藤先生
そうだね。そういうこともあり得るね。

ゆめは君
そうなんだ!?

内藤先生
たとえば、歯が痛いから、すぐに神経をとるような治療。一時的に、神経をとったら歯の痛みは感じなくなるかもしれないけど、神経をとるデメリットが出てくるよね?

ゆめは君
歯の神経をとると、歯の寿命が短くなるって言ってたね?

内藤先生
うん。歯の寿命は短くなるし、健康な寿命も短くなるよ。細菌感染が進みやすくなって、体に悪影響があるって言われているんだ。

ゆめは君
そうなんだ?じゃあなんで神経をとっちゃうの?

内藤先生
虫歯などで神経まで細菌感染が進んだら、神経が腐って、放っておくと、どんどん歯の周りも腐っていっちゃうから。腐ったミカンを置いておいたら、置いておいたテーブルまで腐ってきちゃうイメージかな。

ゆめは君
じゃあ神経をとった方が良いってことだよね?

内藤先生
どんどん腐っちゃう場合はね。腐ったミカンは捨てて、そのテーブルをきれいにするイメージ。でもね、痛みがあっても、虫歯の部分を取り除いたら、神経は残せる場合も多いんだよ。

ゆめは君
痛くても、ちゃんと虫歯の部分を取り除いたら神経を残せるのに、痛みを取るために神経をとるのはおかしいってこと?

内藤先生
痛みの種類にもよるけど、残せそうならできるだけ残すような治療をした方が良いよね?

ゆめは君
痛みの種類?

内藤先生
痛みの種類で、どれくらい細菌感染が進行しているかを予測しているんだよ。だから歯科医は患者さんにどんな痛みがあるかを聞くんだ。

ゆめは君
へえ。

内藤先生
だからここで言いたいことは、痛いから神経を取るんじゃなくて、神経を残したまま細菌感染の進行を止めることが出来ない場合にやむを得ず神経をとるってこと。あくまで、細菌感染の広がりが神経をとるかどうかの決めてだってこと。

ゆめは君
なるほど。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP