プロフィール


内藤俊幸
・医療法人OMSB 中垣歯科医院 副院長
・歯科医師
・臨床検査技師

略歴


北里大学医療衛生学部を首席で卒業後、国立病院機構霞ヶ浦医療センター研究検査科勤務。健康寿命延伸のための歯科医療の重要性を感じ、新潟大学歯学部に編入学し歯科医師となる。
神戸市立医療センター中央市民病院歯科口腔外科にて、口腔外科の基本的知識やスキルを、京都大学大学院医療疫学分野研究生として臨床疫学を学ぶ。

現在、大阪府豊中市の中垣歯科医院で、全身の健康を重要視した歯科医療や生活支援としての訪問歯科医療を行っている。北里大学では北里賞受賞、新潟大学ではデンツプライ賞を受賞するなど、非常に優秀なDr.でありながら、優しく話しやすい雰囲気がある。
一人ひとりの患者によりそった丁寧な診療姿勢により、患者やそのご家族、さらに一緒に働く院長やスタッフなど、身近に関わる人達から絶大な信用を得ている。

2019年から、話せる歯科医という個人コンセプトの下、等身大で正直な情報発信や、歯科医療で迷い悩んでいる患者の意思決定支援に取り組んでいる。
話せる歯科医として、歯科医と患者のギャップを埋めることで、両者がお互いに理解し合える歯科医療の実現を目指している。

歯科医・内藤俊幸にできること


①患者にとって最も後悔の少ない治療方針をみつけること

 個別カウンセリング
>お申込みはこちら

※お困りごと・目的の項目のその他欄に内藤のカウンセリング希望とご記入ください。

②歯科医と患者のギャップを埋めること

教えて内藤先生を連載配信中(毎週木曜更新)です。

③歯科医の経験や思考を等身大で正直に伝えること

話せるブログを連載配信中(毎週月曜更新)です。

④患者の健康と生活によりそった歯科治療を丁寧に行うこと

大阪府豊中市の医療法人OMSB 中垣歯科医院で行っています。そこでは内藤先生の診療日記も配信しています。



最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP