教えて内藤先生 第34回 「その歯科医は善人?それとも悪人?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の常識や日常がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

内藤先生
歯科医ってね、同じことをやっても、そのタイミングによって、患者さんからしたら善人にも悪人にもなるんだよね。

ゆめは君
どういうこと?

内藤先生
たとえば、抜いたほうが良いくらい悪い歯があったとするよね?

ゆめは君
うん。歯医者さんなら抜くことすすめるよね?

内藤先生
そう。でもね、患者さんはあまり困ってないことがあるんだよ。

ゆめは君
ん?患者さんが困ってない?なら抜かなくて良いんじゃないの?

内藤先生
いやそれがそう簡単な話でもないんだよね。

ゆめは君
なんで?

内藤先生
患者さんが困るっていうのは、痛いとか腫れているとか、自覚症状があるときだよね?

ゆめは君
うん。

内藤先生
だけど、その自覚症状がなくても、抜いたほうが良い歯ってのはあるんだよ。細菌感染が広がっていたり、それをコントロールできないような状態になっている歯なんかはね。

ゆめは君
ふーん。それでなんでタイミングによって善人になったり、悪人になったりするの?

内藤先生
だって患者さんは困ってないんだよ。でも嫌な思いして歯を抜かれる。さらに歯を抜いたら咬みにくくなったりして、生活の質が下がることもある。困ってなかったのに困りだす。

ゆめは君
なるほど。それは患者さんからしたら悪人に感じるね。悪い歯医者にやられたって感じかもね。

内藤先生
でも、患者さんが痛みなどで困っているとするよね。この歯が痛くて咬めないって。

ゆめは君
あ、そこで歯医者さんが登場したら・・・。

内藤先生
そう。そのときは、歯を抜いてすっきりしたら救世主になるよね。

ゆめは君
たしかに。そのときは患者さんからしたら善人に感じるね。

内藤先生
同じように、歯を抜いたから咬みくくなったりして生活の質は落ちるんだけど、患者さんはそれは仕方ないって感じるみたい。

ゆめは君
なるほど。そういうことで悪人にされている歯医者さんも結構いそうだね?

内藤先生
たぶんそう思う。中には本当に悪い人はいるかもしれないけど、自分が出会った中では、歯科医の中にそうそう本当に悪い人はいないよ。歯科医もよかれと思ってやっていることがほとんど。

ゆめは君
でも患者さんからしたら悪人にみえることがある?

内藤先生
そうだね。要するに、患者さんが納得する前に、勝手に行ってしまっている場合だよね。

ゆめは君
患者さんが事前に納得しているかどうか?

内藤先生
うん。事前にどれだけ納得して治療を始めるかで、その後の結果の満足度が変わってくるんだ。それにもし結果が良くなかった場合にも後悔が少ない。

ゆめは君
へえ。事前の話し合いって大事なんだね。

内藤先生
そうだよ。どうやってそれを決めたのかってとても大事なんだよ。

ゆめは君
あ、話せる歯科医の先生が得意とすることだったね?

内藤先生
頑張ってます。

ゆめは君
ところで先生は善人?それとも悪人?

内藤先生
どっちにみえる?

ゆめは君
さあ。

内藤先生
でも今のこの業界には、善人な歯科医でも悪人になってしまう要素がある気がするね。

ゆめは君
え?こわ。どっちなんだろう?

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP