教えて内藤先生 第27回 「なんで歯科医によって言うことが違うの?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の常識や日常がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

内藤先生
この前ね、数か所の歯医者を回ったけど良くならないって訴えて来られたが患者さんが言っていたんだけどね。

ゆめは君
どんなことを言ってたの?

内藤先生
歯科医によって言うことが違うって。だから誰の何を信用して良いのかがわからないって。

ゆめは君
そんなことあるの?

内藤先生
それはね、実は良くあることなんだよ。なんでだと思う?

ゆめは君
え?なんでって、患者さんにうまく伝わってないってことかな?

内藤先生
まあ、確かにそれは少なからずあるね。歯科医が言っていることがすべて患者さんにしっかり伝わるってなかなか難しいことだし。

ゆめは君
実際にその患者さんは歯科医にどんなことを言われたの?

内藤先生
その患者さんはね、左上の一番奥の歯(左上顎第二大臼歯)だけが歯周病が進行しているって。だからある歯科医は、歯を抜かなきゃだって。でも別の歯科医は、再生療法するのが良いって。さらに別の歯科医は、神経の治療が必要だって。さらに別な歯科医は、このまま様子みましょうって。

ゆめは君
確かに、それは言っていることがバラバラだね。

内藤先生
患者さんからしたらそう感じるよね。

ゆめは君
ん?歯科医からしたらバラバラじゃないの?

内藤先生
いやバラバラなんだけど。何でバラバラになってしまうのか確認しておかなければいけないことがあってね。そこから話するよ?

ゆめは君
どうぞ。

内藤先生
まずね、今の患者さんの状態がこうですよっていうのは、どの歯科医も同じようなことを言っているし、そんなに違っていないんだよ。

ゆめは君
その歯だけ歯周病が進行して悪くなっているってことね?

内藤先生
そう。これは見たらわかるからそんなに歯科医によって違わない。でも、どうしてそうなってしまったのかっていう原因をどこまで考えることができるかは、歯科医によって差がでる。その考えた原因によって、治療方針も異なるだろうし、そもそも治療方針に一つの答えはない。

ゆめは君
あ、「治療方針にも絶対正しい一つの答えなんかない。」って先生言ってたね。(→教えて内藤先生第2回)

内藤先生
そう。良く覚えてたね。だから、歯を抜くことも、再生療法をすることも、神経の治療することも、診断がはっきりするまで様子をみることもありえる。

ゆめは君
歯周病で神経の治療をすることもあるの?

内藤先生
歯周病が進行すると、歯の根の先から歯周病菌が神経に感染して神経が腐っちゃうことがあるからね。

ゆめは君
へえ。でも原因を考えるのは難しいってことなんだね?

内藤先生
うん。難しいことがあるね。原因は歯周病菌だから、しっかり歯磨きをしましょうっていう簡単なことじゃない。現に、その患者さんはすごくしっかり歯磨きをしていたし。でもその左上一番奥の歯だけが悪くなっていた。

ゆめは君
別な原因があるってこと?

内藤先生
うん。先生はそう考えたよ。

ゆめは君
聞いてみようかな。

内藤先生
その歯だけが想定以上の力がかかっていたんだよ。無理な力がかかると、その歯は悪くなりやすい。

ゆめは君
へえ。でもなんでそうなっていたの?

内藤先生
その人は、きれいな歯並びをしていたんだけど、咬み合わせが悪かった。でもその咬み合わせはもともと悪かったんじゃなくて、変化してきたんだよ。15年前に右下の一番奥の歯を抜いてそのままになっていたのと、食いしばりや歯ぎしりの癖があったことで、顎が少しずれてきていたんだ。

ゆめは君
顎がずれてきた?そんなことあるの?

内藤先生
あるよ。今度ちゃんとそういう例をわかりやすく説明するね。

ゆめは君
うん。お願いします。じゃあ、先生はこの患者さんにどんな治療を提案したの?

内藤先生
左上一番奥の歯の咬み合わせ調整をまず行って、顎の位置がもとに戻るかを確認して、さらにその位置を安定させるために、右下一番奥の歯のない所に歯を入れること。

ゆめは君
患者さんにとっては、また違うことを提案してくる歯科医だったろうね。

内藤先生
言葉足らずで治療方針を伝えたら絶対そうなっちゃうね。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP