教えて内藤先生 第71回 「歯科医は嫌われ者?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の想いや常識がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

ゆめは君
先生、今日はなんだか元気なさそうだね?疲れてるの?

内藤先生
あ、そう見えた?

ゆめは君
うん。何かあったの?

内藤先生
んー、歯科医って嫌われ者だなって感じるときがあってね。

ゆめは君
歯科医は嫌われ者?

内藤先生
いやもちろん喜ばれることも多いし、意味のあることだと思ってやっているんだけどね。たまにそう感じることがあるね。

ゆめは君
まあ、痛いことされそうなイメージだしね。

内藤先生
歯科医が行う治療ってね、一般的に治療を受けた患者さんはどう言うと思う?

ゆめは君
どう言うか?痛かったとか怖かったとか?

内藤先生
まあそういうこともあるね。ただ基本的には、○○されたって言うことが多いんだよ。歯を削られたとか歯を抜かれたとか。

ゆめは君
患者さんからすると嫌なことされたみたいな感じってことね。

内藤先生
そう。特に患者さんが困っていることが無い場合にはよりそう感じるよね。

ゆめは君
困っていないのに治療が必要なの?

内藤先生
患者さん自身は気づいていないけど、だんだん悪くなっていることってあるからね。そのままにするとどうなるのかっていうことを歯科医は考えて治療を提案する。

ゆめは君
治療した方が将来良いってことでしょ?

内藤先生
そう。このままにするより治療した方が良いって考えられる場合に治療しようって提案する。でも今困っていない患者さんにはそれがなかなか受け入れられないことがあるみたい。

ゆめは君
たしかに。

内藤先生
でも歯科医は色んな患者さんをみているから、このままにするとどうなるか、治療すると将来どうなるかっていうちょっと先のことが患者さんよりみえている。だから将来できるだけ困らない方を提案する。

ゆめは君
でも患者さんは今楽な方を選んじゃう?

内藤先生
そうとも言えるね。そして歯科医が先のことを考えていたとしても、患者さんがちゃんと納得した上で治療に入らなかったら、患者さんは何ともなかったのに歯を削られたって感じるだろうね。

ゆめは君
なるほど。

内藤先生
正直言って、歯科医も別に歯を削ったりしたいわけじゃ全然ないと思うんだよね。そんな嫌がられることしないで患者さんを良い状態にできていたら本当は一番ハッピー。

ゆめは君
でも仕方なくやってる?

内藤先生
それがその患者さんのためになるって思うなら。でももしそうじゃなかったら、わざわざ何も困っていない人の治療はできるだけやりたくないなって思う。

ゆめは君
その必要性を患者さんにも納得してもらわないとね。

内藤先生
そう。でもなかなか難しいこともあってね。一生懸命説明しても疑われたり、理解を得られなかったり。治療をしても嫌われることはあれ、あまり喜ばれなかったりね。

ゆめは君
あ、だから元気なかったのね。

内藤先生
そんなことばかりじゃないけど、自分たちのやっていることが理解されないときもあるのは事実。だから自分たちの行っていることが患者さんのためや社会のためになっているって自負がなければ続けることはできないと思う。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP