教えて内藤先生 第84回 「形として見えないものに値段があるの?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の想いや常識がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

内藤先生
ゆめは君ってお寿司好きだったよね?

ゆめは君
え?お寿司?好きだよ!

内藤先生
何のお寿司が好きなの?

ゆめは君
えー、やっぱマグロかな。

内藤先生
そうなんだ?ちなみに回っていないお寿司屋さんって行ったことある?

ゆめは君
回っていないお寿司屋さん?大体回っているお寿司屋さんばっかりだけど、行ったことはあるよ。

内藤先生
おー、すごいね!やっぱ回っているお寿司と何か違った?

ゆめは君
回っているお寿司とあんまり違いはわからなかったけど。でも値段はだいぶ高かったみたい。

内藤先生
そうだよね。同じマグロでも全然値段は違うだろうね?そんなにおいしさは変わらなかったの?

ゆめは君
う~ん、すごくおいしかったとは思うけど、回っているお寿司もおいしいしね。どれだけ違うかはわからないかな。

内藤先生
確かにどっちもおいしいけどね。

ゆめは君
で?何が言いたいの?

内藤先生
いや同じマグロでもだいぶ値段が違うことに疑問を持たないのかなって。

ゆめは君
いやあんまり持たなかったかな。回らないお寿司は高いものって思ってたし。

内藤先生
そっか。じゃあなんで値段がそんなに違うと思う?回る回らないとかじゃなくても、お店によっても値段て違うよね?マグロはマグロでも。

ゆめは君
ん?そりゃお店が違うなら値段も違うよね?

内藤先生
なんでお店が違うと値段も違うの?

ゆめは君
使っているマグロが違うとか?

内藤先生
そうだね。こっちのお店は○○産のマグロ、あっちのお店は○○産のマグロ。産地が違うってことはありそうだよね。他は?

ゆめは君
味付けとか?

内藤先生
うんうん。確かに味付けとか、下準備へのこだわりや手間でも値段が変わりそうだよね。

ゆめは君
うん、変わりそうだね。

内藤先生
それに、お寿司を提供する空間とかサービスとか、形としては見えないようなものの価値も値段には入っていそうだよね。

ゆめは君
え?そうなんだ?知らなかった。

内藤先生
そりゃそうでしょ?わかりやすいのは、そうだな、お祭りなんかを想像してみてよ。例えば、同じジュースでも、そこでは値段が違うでしょ?

ゆめは君
あ、確かに違う!

内藤先生
でも納得して買ってるでしょ?

ゆめは君
まあその時は。そこで飲みたいからね。

内藤先生
そういうことなんだよね。だからジュースそのものの価値以外に、形として見えない価値が追加されているんだよ。だから値段が高くなる。

ゆめは君
なるほど。

内藤先生
だから、お店が違えば、値段が違うってのは当然て言えば当然だよね?

ゆめは君
そうだね。当然だ。でもなんで急にそんな話をしてるの?何かあったの?

内藤先生
いやある患者さんに言われてね。自費治療の値段がなんで歯科医院によって違うのかって。同じセラミックス治療でも値段が違う意味がわからないって。

ゆめは君
え?なんで違うの?

内藤先生
いやだから今さんざんお寿司で説明してたんだけど。

ゆめは君
あ、そういうことか。

内藤先生
そういうことです。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP