教えて内藤先生 第1回 「歯科医と患者の間に生まれる不満や後悔には原因がある」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の常識や日常がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

 

内藤先生
最近思うことがあるんだけどね。

ゆめは君
どうしたの?これは聞いたほうが良いやつよね?

内藤先生
歯科医の先生たちって、真面目な人が多いんだよ。

ゆめは君
普通に話しを始めたね。まあ聞くけどさ・・・。でもそれって良いことだよね?なんでそんな複雑そうなの?

内藤先生
あ、複雑そうにみえた?さすがだね。

ゆめは君
なんで真面目な人が多いのが複雑なの?

内藤先生
先生の周りをみてるとね、歯科医の先生たちは、みんな真面目で、患者さんの悩みを解決したり、喜んでもらおうと一生懸命勉強してるんだよ。しかも話してみるととても親切な人達ばかりなんだよ。

ゆめは君
だからそれがなんで複雑なのさ?

内藤先生
いやそれなのに、歯科医と患者さんの間にはやっぱり不満とか後悔とかが出てきちゃうんだよ。歯科医も一生懸命患者さんのことを考えているし、患者さんも歯科医のことを信頼して治療を受けていると思うんだよね。

ゆめは君
そうだね。後悔しないための歯科医院選びみたいな本やネット記事も良く見かけるし、歯医者さんに不満や後悔の気持ちをもっている患者さんは多いのかもしれないね。

内藤先生
そう、だから複雑なんだよ。なんでそうなっちゃうのかなって。先生自身も患者さんに不満や後悔の気持ちを持たせてしまうことはやっぱりあるんだよ。

ゆめは君
そうなんだ。何か原因があるのかな?

内藤先生
やっぱり原因があると思うんだよ。だから先生はその原因を必死に考えてきたんだよ。

ゆめは君
どれくらい考えてきたの?

内藤先生
10年くらいになるかな。

ゆめは君
結構考えてきたんだね。ぼくのこれまでの人生すべてささげないとだね。それで答えはみつかったの?

内藤先生
うん。先生なりの答えだけどね。最近になってようやくやっぱりこういうことだよねって分かってきた気がするんだよ。そのことが歯科医になってから自分がずっと感じていた違和感や不安感の原因でもあったんだけどね。

ゆめは君
それが分かってからは患者さんの不満や後悔はなくなったの?

内藤先生
すべての人を満足させるってことは難しいけど、かなり減ったとは思う。それに自分自身の違和感や不安感みたいなものもだいぶ少なくなってきたんだよ。

ゆめは君
それは良かったね。それで原因て何だったのかな?

内藤先生
聞きたい?

ゆめは君
いや別に。

内藤先生
・・・

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP