教えて内藤先生 第75回 「今歯科医が体調を崩したらどうしたら良いの?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の想いや常識がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

内藤先生
実はこの前体調を崩しまして皆さんに大変ご迷惑をおかけしました。

ゆめは君
どこか悪かったの?

内藤先生
吐き気と下痢があって。熱やだるさも出た。

ゆめは君
え?熱って。もしかして新型コロナウイルス?

内藤先生
いやそれは違ったんだけど。でもね、今の時期に体調を崩すと、やっぱり新型コロナウイルスの感染を疑われることを痛感したよ。

ゆめは君
病院に行ったの?

内藤先生
うん。かかりつけの内科の先生に診てもらった。

ゆめは君
そしたら?

内藤先生
そのときは、かなり症状は軽くなっていたし、最初から咳とか痰とか、新型コロナウイルス感染のときによく出てくる上気道症状はあまり出ていなかったんだけど、下痢とか吐き気も新型コロナウイルス感染で出ることもあるよって。

ゆめは君
新型コロナウイルスに感染すると下痢とか吐き気もでる?

内藤先生
そう。頻度は低いけど、確かにそういう報告もあるんだよね。だからね、症状で言ったら胃腸炎の可能性は高いけど、新型コロナウイルスによるものじゃないとは言い切れないって。

ゆめは君
で?どうしたの?

内藤先生
PCR検査を受けることになったよ。医療従事者で多くの患者さんと接触する機会が多いから、受けておいた方が良いと言われてね。新型コロナウイルスの感染によるものではないと早めに除外しておくべきだと。

ゆめは君
PCR検査?テレビで良く聞くけど、その検査をやったらはっきりするの?

内藤先生
うーん。PCR検査で本当にはっきりするかは実は難しい話になるから、ここではやめておくけど、もし結果が陰性だったらざっくり70パーセントくらいは大丈夫って感じかな。

ゆめは君
何だかわかりにくいね。てことは、PCR検査が陰性でも、必ずしも安心ではないってこと?

内藤先生
うん。だから疑わしい症状が続いている場合、再度検査したら今度は陽性になるってこともある。

ゆめは君
そうなんだ。で?先生は大丈夫だったの?

内藤先生
うん。PCRは陰性だった。それで一応保健所にも確認したら、PCR検査が陰性だとしても症状が無くなって3日間は職場に復帰しない方が無難だと言われてね。症状が無くなって3日間待ってから職場に復帰させてもらったよ。

ゆめは君
へえ。じゃあ結構休んだね?

内藤先生
はい。だからだいぶご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

ゆめは君
でも陽性じゃなくてよかったね?

内藤先生
そうだね。今は熱を出したり、体調を崩したら、本当に周りの人たちへの影響が大きくなってしまうことを実感したよ。

ゆめは君
周りの人たちの影響?

内藤先生
うん。自分だったら、多くの患者さんとも接触しているし、職場の人たちや、子供の幼稚園への影響などもある。そういう周りの人たちへの影響を考えるととても不安になったよ。どれほどの人たちに迷惑をかけちゃうんだろうかって。

ゆめは君
新型コロナウイルスが流行ってなかったらそんなことないのにね。

内藤先生
数年前にも同じような症状で休んだときがあるんだけどね。そのとき内科にかかったときには、何らかのウイルスによる胃腸炎だろうって。まあ症状がなくなったら職場復帰して良いよって感じだったしね。

ゆめは君
今は体調崩したら大変だね。体調崩したとしてもそれを隠して働いている人もいるかもね。

内藤先生
いや本当に隠したくなる気持ちもわかるよ。ただ前にそれで感染が拡がってしまったという事例も報告されてたね。自分だけがしんどいのならそれで良いんだけど、もし感染を広げてしまったらより大変なことだからね。

ゆめは君
新型コロナウイルスはこわいね?今はもう誰が感染してもおかしくないのにね。

内藤先生
そうだね。特にまだ分からないことが多いから、みんなの不安や恐怖が大きいんだろうね。新型コロナウイルスの感染がわかったときの周りの人たちへの影響や反応がどうなるんだろうっていうのが今回すごく怖かったことかな。

ゆめは君
ん?じゃあ新型コロナウイルスより人の方が怖いってこと?

内藤先生
そうかも。知らないことに対する恐怖で行動や発言をする人たちの反応や感染者を特別なものとしてしまうような社会風潮が怖いのかもしれないね。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP