教えて内藤先生 第9回 「かぶせものはしないという選択も正しい」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の常識や日常がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

内藤先生
この前ね、患者さんとの話し合いで、その歯のかぶせものはせずにこのままでいこうって決めたんだよ。

ゆめは君
は?患者さんはその歯の治療に来たんじゃないの?

内藤先生
たしかに患者さんは歯の治療のために来たよ。その歯にかぶせものをしてもらおうと。

ゆめは君
それで?何もその歯にはしなかったってこと?

内藤先生
何もしないことに決めた。

ゆめは君
なんでそうなったの?

内藤先生
もちろん理由はあるよ。十分に話し合って出した結論だし。ゆめは君は、そもそも歯の治療って何のためにしていると思う?

ゆめは君
何のためって、健康になるためとか?

内藤先生
お、良いこと言うね。それは大事なことだよね。ただ漠然としてるからもう少し具体的に言うと?

ゆめは君
良く咬めるようにするとか?

内藤先生
ふんふん。他には?

ゆめは君
見た目を良くするとか?

内藤先生
そうだね。他には?

ゆめは君
痛みを取るとか?

内藤先生
確かに、全部大事だよね。痛みがなく、良く咬めるようになって、見た目も良くなる。そんなふうに歯を治療したら健康になって生活の質もあがるって思うよね?

ゆめは君
え?そうじゃないの?

内藤先生
その患者さんの場合にはそうじゃないと思ったんだよ。その歯にかぶせものをすることが、生活の質を上げないし、健康にも悪影響だと思ったんだ。

ゆめは君
そんなこともあるんだ?治療せずに何もしないで患者さんは納得するの?

内藤先生
うん。すごい納得してくれたよ。

ゆめは君
なんで?

内藤先生
現状がなぜこうなってきたのかや、もしかぶせものの治療をしたらどんなことが起こることが予想されるかについてお話しただけ。あ、それとこのまま治療しなかったらどうなるかってこともね。

ゆめは君
話しただけ?

内藤先生
その内容で、今まで自分が困ってきた経過がとても良く理解できたって。

ゆめは君
占い師みたいだね。

内藤先生
たしかにね。現状から過去や未来を推測するからね。

ゆめは君
具体的に聞いてわかるかな?かぶせもの入れたら何で良くなかったの?また今度で良いから教えて。

内藤先生
了解。また今度ね。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP