教えて内藤先生 第47回 「その歯科医にどんな事情があるの?」

この連載について
歯科医と患者さんとの間にはギャップがある。それが不満や後悔につながることも多い。歯科医の内藤は、そのギャップを埋めるため週に一度、落ち着いて患者さんと話せる時間をつくることにした。するとそこに毎週訪れるようになった小学5年生のゆめは君。内藤とゆめは君。患者さんからのご質問やご意見をもとにした2人の気さくな会話から、歯科医の想いや常識がみえてくる。歯科医と患者さんのギャップを埋め、お互いに後悔のない歯科医療を選択するための情報が満載。


内藤先生
話せる歯科医

ゆめは君
辛口な小学校5年生

ゆめは君
前回、歯医者さんてイライラしやすい事情があるって話だったよね?

内藤先生
そうだね。歯科医の仕事ってわりとそうじゃないかなって思うよ。

ゆめは君
どんな事情があるの?

内藤先生
まずね、作業が細かくて神経使うよね。

ゆめは君
確かに、歯医者さんて細かい仕事だから大変そう。

内藤先生
しかもその細かい作業を、たくさんこなさなければならない。

ゆめは君
たくさんこなす?

内藤先生
そう。だから、短時間でその作業を行う必要がある。しかも一人の患者さんに使える時間は限られているから、患者さんと話をすればするほど、その作業時間が短くなっちゃう。

ゆめは君
歯医者さんはできるだけ作業する時間が欲しいから、患者さんがたくさん話すと作業時間が取れなくなってイライラするってこと?

内藤先生
後に、待っている患者さんがたくさん控えていると、どんどん時間がおしてくるからね。それは歯科医がイライラする要因にはなると思うよ。

ゆめは君
なるほど。でもなんでそんなイライラするほどたくさん患者さんをみるの?イライラしない程度にしたら良いんじゃないの?

内藤先生
そう思うよね。でも歯科医も医院を継続していくためにある程度の収入が必要になるからね。そのためにはたくさんの患者さんをみなければいけない。

ゆめは君
じゃあ、前回言っていた患者さんは、時間がおしているのに、その歯科医に細かい質問をしちゃったってこと?

内藤先生
それもあったと思うけど、他にも原因があったと思う。

ゆめは君
どういうこと?

内藤先生
その患者さんの場合には、一度入れたつめ物が、かけちゃってやり直さなくちゃいけない状況だった。だからやり直しをしてもらったみたいなんだけど、それが患者さんはあまりしっくりこなかったみたいで、細かい要望をその歯科医に伝えたみたいなんだよ。

ゆめは君
それでその歯医者さんが不機嫌になったの?

内藤先生
そうみたい。で、私が知らない事情で、何か怒らせてしまったのでしょうかって。

ゆめは君
でもそれって、患者さんが要望したら、歯医者さんはやり直さなければいけないんじゃないの?

内藤先生
いやそれはそうなんだけど。ただ、つめ物の種類として、かけやすいものもあるし、そもそも保険診療で認められているものには制限もある。

ゆめは君
患者さんの要望全部はきけない?

内藤先生
限界はあるよね。それに歯科医がおすすめするものでなくて、患者さんの要望を優先した治療方針を選択した可能性もある。ただそれでうまくいかなくても、患者さんのせいにはできないし、やり直しの治療費ももらえない。

ゆめは君
だから歯医者さんはイライラする?

内藤先生
経営的にもそんなすぐにやり直してたら赤字になっちゃうしね。

ゆめは君
まあ、そういう状況で、患者さんから不満や要望ばかり言われたらイライラもするか。

内藤先生
歯科医も人間だからね。事情によってはイライラするときもあるよ。

ゆめは君
その患者さんにはそのことを伝えたの?

内藤先生
伝えたよ。少し自分でも要望を言い過ぎたなって感じたみたい。そういう事情もあるって理解してくれて、もう一度、その歯科医にかかってみるってことになったよ。

ゆめは君
へえ。でもそんな歯科医の事情を伝えるのに結構話す時間が必要だったんじゃないの?

内藤先生
うん、その患者さんは待ちながらでも構わないっていうことだったから、その日治療方針の話し合いと、歯科医の事情についての話などで、その患者さんは1時間以上いたと思う。

(次回へ続く)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP